フルートアンサンブル足立

フルートアンサンブル足立は初心者歓迎のフルート合奏団です。 プロの講師と一緒に、フルートの響きを楽しみましょう♪

フルートアンサンブル足立は初心者歓迎のフルート合奏団です。
足立区西新井のギャラクシティで日曜日の午前中に練習を行っています。
プロの講師と一緒に、フルートの響きを楽しみましょう♪

団員一人ひとりの目標に合わせて楽しく上達する練習を行います。
アンサンブルが初めての方には座り方など基本的なことから丁寧に指導していきます。

練習は月2回、日曜日の10時15分から11時45分まで行います。
場所は足立区にあるギャラクシティを主に使用します。

フルートの経験が1年以上の方でしたらどなたでも入団可能ですので、
まずはお気軽にお問い合わせください♪

フルートアンサンブル足立4月17日の練習日記です



4月17日、体験者さん1名を含め9名での練習でした♪



*ソノリテ

低音域での練習を行いました。
久しぶりの練習だったので、以前よりもばらつきが気になりましたね

ソノリテを練習する上で一番大切なのは音と音の境目音のつながりや質を揃える事ですが、せっかくのアンサンブルです
縦の線、特に最初のアタックをそろえられるように徹底していきましょうね!
小さな心がけが、素敵な音楽につながります



*スケールとアルペジオ
 
Fdur(ヘ長調)とdmoll(ニ短調)で練習を行いました。
だいぶ粒が揃ってくるようになりましたが、主音(Fdurならファの音、dmollならレの音)をぶつけてしまいがちですテンポを揃えようとすると陥りやすいです

それぞれの小節の頭にある主音は、優しく置くように演奏しましょう。




*ふるさと
 
パートを変更する事が度々あり、なかなか慣れることができずごめんなさい。
アレンジにも少しずつ慣れてきたので、ダイナミクスについて幾つか触れました。
ふるさと、という壮大なテーマですが、メロディは穏やかでとても優しい気持ちになりますよね
柔らかく、pmpを大切に演奏していきましょう




*主よ人の望みの喜びよ
 
今回初めて2パートに分かれて練習を行いました。どうなるかな…とすこし不安はありましたが
終わったあとに合わせてみたら本当に驚きでした
みなさんは中にいらっしゃるので分かりづらいかもしれませんが、外で聞くととてもよくわかります

まず大切なのは、同じパートの人の音をよく聞く事、です。
少しずつパート練習を取り入れて、徹底していけるといいですね



講師♪杉浦 夏美



次回の練習は4月24日(日)10:15〜11:45
ギャラクシティ第三音楽室です♫


フルートアンサンブル足立は新規団員募集中です!
見学・体験、無料受付中♪
お気軽にお越しください

お問い合わせはフルートアンサンブル足立ホームページよりお願いいたします。


4月24日(日)オペラシティ・リサイタルホール(京王新線「初台」駅東口下車 徒歩1分)にて、ビジョンミュージックの発表会が開催されます




講師演奏のステージにて、姉妹団体の池袋フルートオーケストラ講師、臼井先生がモーツァルトのコンチェルトを演奏します



それだけではありません!事務局の泉田(ファゴット)、山田(オーボエ)もモーツァルトのコンチェルトを演奏いたします♫


もちろんクラリネットも・・・モーツァルト 






木管楽器のモーツァルトが1度に聴けちゃうスペシャルステージ

講師演奏は18:50頃より開始予定です。




発表会は12時より行っておりますので、お気軽にお越しください



゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

フルートアンサンブル足立は新規団員募集中です♪

見学・体験、無料受付中

フルートアンサンブル足立ホームページ
 よりお問い合わせください。

皆様のご参加お待ちしております




事務局♪山田 


3月27日、体験者さん3名を含め9名での練習でした。

 

*ソノリテ
 
低音域での練習を行いました。今回もHから下がって最低音のlowCまでを練習しました。
体験者さんもいらしたので、原点に帰って基礎練習ができましたね


再三お話ししていますが、ソノリテで一番大切なのは音の繋がりです。

吹き始めた音と、次の音の質が同じであること、これが一番大切です

日曜日の朝に練習を行っているので身体を起こすのがたいへんですが、太く深い音をイメージして練習しましょう。



*スケールとアルペジオ

Ddurを練習しました。フルートアンサンブル足立で使用しているスケールはアルテのスケールです。
2オクターヴも幅があるので、下はとても低く、上はとても高い音まで使います。

lowDは低い上にキーをたくさん塞ぐので、暗くこもった音になりがちです
せっかくの#調ですので、明るい音をイメージして練習しましょう



*和音練習
 
前回に引き続き和音練習を行いました。

前回は和音の構成や音程についても触れましたが、和音を構成する上でまず大切なのは「根音をしっかりと捉えて吹く」ことです。

和音を支える軸の音ですので、大きな音で自信を持って吹けるといいですね
まずは同じ音を吹いている人の音を捉えられるように、耳を使って練習していきましょう



*ふるさと

 
前回に比べ人数が増え、厚い音楽になりましたね

前回は縦の線について詳しく触れましたが、みなさんしっかりさらってきてくれていたので、以前よりぐっとまとまりが出てきてとても良かったです


この編曲はとてもおしゃれでロマンティック。
Ddurにはじまって、途中で突然Esdurに転調します。転調する一拍前の和音に注目してみましょう

転調にかかせない、とても大切な和音です。
これも再三お願いしていますが、転調する前の一拍はしっかりと独立させましょう


とても素敵な編曲ですので、皆さんで少しずつ楽しんで練習していきましょうね


講師♪杉浦夏美



次回の練習は
4/17(日)
10:15〜11:45
ギャラクシティ第三音楽室 です。


フルートアンサンブル足立は
新規団員募集中!

見学・体験、受付中です。
お問い合わせは
こちら

 

練習風景の動画♪



ホールニューワールド・彼方の光♪



このページのトップヘ